FC2 Blog Translate

Permanent of Entry #90

Author:
Morgoth
Date:
Sun, 2007-02-18 23:27:41
URIs:
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-90.html

ブログ FCafe の FCafe 英語で表示エントリを見て知ったのだが、FC2ブログには翻訳機能が備わっていた。FC2側から正式なアナウンスはされておらず、現在はまだテスト中と云うことらしいが、ブログのホームアドレスの直後に言語コードと / (スラッシュ)を付加することでブログを翻訳することができる。

例えばブログアドレスが
http://morgoth.blog47.fc2.com/ なら、
英語版のアドレスは
http://morgoth.blog47.fc2.com/en/
となる。

この要領で色々試してみたところ en (英語)、it (イタリア語)、es (スペイン語)、de (ドイツ語)、fr (フランス語)、pt (ポルトガル語)、ko (韓国語)、zh-CN (中国語) の8言語の翻訳が可能だった。ひょっとするとまだ翻訳できる言語は存在するのかもしれない。翻訳の精度は御世辞にも良いとは言えないが、これはかなり面白い。自分の書いた記事が全部他の言語に変換される様は爽快だ。

しかし未完成なだけにおかしなところも多い。英語に翻訳すると文字コードは Shift_JIS に、その他の言語は UTF-8 に変換されるが、その際 HTML ソースの meta 要素の http-equiv 属性と共に指定する content 属性内の charset は自動で所定の文字コードに変換されているのに、xml 宣言のエンコーディングや html 要素の言語コード部分 xml:lang 属性などは放置されている。これは問題があると思う。言語の指定も翻訳後の言語に変換した方がいいだろうし、ブラウザの中には混乱してちゃんと表示されないものがあるかもしれない。これらの自動変換は早急に対応して欲しいポイントだ。(しかし、期待はできないかもしれない・・・。いっそうのことデフォルトも含め全て UTF-8 で良いのではないかと思う。)

それから中文に変換したとき起こった現象だが、HTML ソース内に

<script src="http://64.233.179.104/translate_c.js"></script>

と吐き出されていた。紛れもなくグーグルトランスレートだ。これはもしかすると全部グーグルトランスレートで翻訳を行っているのではないだろうか。だとすると日本語をダイレクトに英語以外の言語に翻訳することは今のところ不可能なはずなので、内部で一旦英語化してそれを他の言語に翻訳するという2重翻訳をしているのかもしれない。自分がグーグルトランスレートでロシア語の記事を2重翻訳して日本語化したときほぼ意味の通らない文章になったエントリロシア語記事の機械翻訳を試みるも・・・を書いたのはのはまだ最近。これを踏まえるとしばらくは期待する程の翻訳精度向上は見込めないだろう。もしグーグルで2重に翻訳しているなら、現時点で未対応言語の ar (アラビア語)、ru (ロシア語) への対応が近々追加されるかもしれない。

まだ問題もあって実用性も低いが、面白い試みなので早速テンプレートに翻訳ページへのリンクを設置してみた。