Archives: 2006年03月

実行委員会、WCファイナルのシンボルマーク募集!
2006-03-30 21:49:15
Comment: 0, Trackback: 0
2006年第6回新体操ワールドカップファイナル実行委員会が、大会のPRやメダルに使用するシンボルマークを募集している。募集するのは新体操の華麗な演技や開催地の伊勢志摩地域をイメージするようなシンボルマークだそうだ。使用する色は4色以内で、単色でも耐えうるデザインとのことなので、あまりごちゃごちゃしてないシンプルなデザインのものが良さそうだ。募集期間は平成18年4月1日(土)~5月31日(水)(必着)。最優秀賞1...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-17.html
Categories:
Tags:
Thiais 2006 results
2006-03-27 22:54:11
Comment: 3, Trackback: 0
ロシアの爆撃が始まった。主力のチャシナが抜けた後でも怯むことなく、個人総合はセシナ、カバエバ、カプラノバと表彰台オール制覇。種目別も全種目でゴールドメダルはロシアが制覇し、全種目表彰台3人中2人がロシアという状態。圧巻。今年もロシアの攻勢は留まりそうにない。フランスで開催され、21ヶ国の選手が参加しているのにどの種目も上位にエントリーしているのは全てロシア、ウクライナ、ベラルーシを中心とする旧ソ連合国...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-16.html
Categories:
Tags:
20th Internationals of Thiais 2006
2006-03-20 23:25:22
Comment: 0, Trackback: 0
デルギナカップも終わって、今度はフランスのティエ国際大会が今週末25日から26日に開かれる。...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-15.html
Categories:
Tags:
Deriugina Cup 2006 results
2006-03-19 16:51:40
Comment: 2, Trackback: 0
デルギナカップの個人総合の結果が出てた。ゴデュンコが Winner、ベッソノワが2位、3位にはジュコバという順。ロシアで開催される大会はロシア陣営が上位を占め、ウクライナで開催される試合はウクライナ陣営が上位を占めるという例年の如く予定調和な結果。 しかし、ロシアの選手を表彰台にすら上がらせないとは、凄い。試合を見てないから何とも言えないが、ウクラナはロシアを目の仇にしているのか審査員はロシア側に対して...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-14.html
Categories:
Tags:
Deriugina Cup 2006
2006-03-13 23:17:50
Comment: 0, Trackback: 0
今週17日から19日に掛けてウクライナで開催されるデルギナカップ。出場選手ラインナップを見ると、東欧圏を中心に世界中から有力選手の集まった豪華な顔ぶれ。流石新体操の本場だけのことはある。復活したロシアのエース「カバエバ」の名前はないが、出場しないのだろうか? ポスターからは競技に限らずガラへの意気ごみも感じられる。毎回思うことだが、ロシアやウクライナなど強国で行われる大会のガラは壮大で相当凄いものが...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-13.html
Categories:
Tags:
Madeira 2006 results
2006-03-12 22:59:56
Comment: 0, Trackback: 0
ポルトガル Madeira トーナメントの結果。個人戦で優勝しているのは、おそらくロシア国内の四番手か五番手ぐらいの選手。ウクライナの選手が出ていないようだが、それでもひたすらロシアの強さがアピールされている。この結果だけ見るとスペインも意外と強いように錯覚してしまうが、実際は強豪国のトップメンバーが不参加だったりするので、ランキング的にはあまり参考にならないかもしれない。(だからといって見たいことに変わ...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-12.html
Categories:
Tags:
Moscow GP 2006 results
2006-03-06 01:39:23
Comment: 0, Trackback: 0
今月3日から5日まで行われているモスクワグランプリで、なんとカバエバが復活した!しかも、カプラノバとセシナを抑えてトップでwin。正直びびった。一年以上ブランクを空けて突如現れ、最上位に返り咲くとは驚きだ。いったいどういうことか。まだまだ現行のルールでは、軟体性で高難度を叩き出す選手が有利であることを証明する結果の表れじゃないだろうか。ベッソノワは大きなミスをして一気に降下した模様。結局表彰台は露無敵...
http://morgoth.blog47.fc2.com/blog-entry-11.html
Categories:
Tags: