イオンカップ 2015 に新採点システムを試験導入

Permanent of Entry #1049

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時事通信の報道によると、10月に開催されるイオンカップ 2015 世界新体操クラブ選手権で、新採点システムが試験導入されることを FIG 幹部が明らかにしたそうだ。

審判員の不正対策の為の処置を施した新しいシステムで、点数だけでなく、減点箇所を具体的に分かるようにし、データも保存するとある。「新技術を使えば不正はできなくなるし、審判員の意識も高まる」と、FIG 幹部の話として紹介されている。

以前、審判員を審判するシステムの導入が話題になっていたが、また新しい不正対策システムが試されるみたいだ。うまく稼動することを願いたい。

イオンカップで問題がなければ体操やトランポリンの国際大会でも採用し、東京五輪 2020 での実施を目指すそうだ。

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show