リオ五輪新体操個人代表の選考方法変更

Permanent of Entry #1104

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共同通信の情報によると、21日の日本体操協会常務理事会で皆川夏穂選手と早川さくら選手が1枠を争うリオ五輪に出場する新体操個人代表の選考方法が変更になった。

従来のワールドカップシリーズ3大会(4月イタリア大会、5月ベラルーシ大会、6月スペイン大会)にアジア選手権の成績も加え、計4大会で両者の間で上位につけた回数が多い選手を代表とすることを決めたそうだ。

同成績となった場合は、世界選手権で五輪出場枠を獲得した皆川選手が代表に選ばれるとのこと。

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show