IOC ロシア選手団のリオ五輪出場を条件付きで認める判断

Permanent of Entry #1218

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rio2016 logo

ロシアが国家主導で組織的なドーピングを行っていたとする報告書を WADA (世界反ドーピング機関)が公表し、リオ五輪出場を禁じるように IOC (国際オリンピック委員会)と IPC (国際パラリンピック委員会)に勧告していた問題で、ロシア選手団の五輪出場が危ぶまれていたが、IOC が24日、緊急理事会を開き、一定の厳しい条件をクリアした選手に限り、ロシア選手団として出場を認めることに決めた。

今後は各競技団体がロシア選手の出場の可否を判断していくことになるということだ。

FIG は勧告が出て以降、IOC に対してロシア選手の排除には反対を訴えていたことから、この決定によって、リオ五輪の新体操競技にロシア選手が出場できなくなるという事態は回避されたとみて良いだろう。

とは言え、下記のNHKニュースには条件を満たす選手は少ないとみられなどと記されるなど、出場が認められる条件をロシア新体操選手達が満たせているのか、まだよく分からない部分があるので事の推移を見守りたい。

今回の IOC の苦渋の判断には、玉虫色の判断で今後の五輪に禍根を残すことになった統括組織としての主体的な役割を棚上げしたなど、各方面から批判が多く出てるようだ。

Last Updated: Thu, 2016-07-28 02:24:41

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show