三沢樹知選手、ドーピング検査陽性で3ヶ月の資格停止処分に

Permanent of Entry #742

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新体操の三沢、薬物違反 3カ月の資格停止処分に [47NEWS] 、新体操の三沢 風邪薬に禁止薬物、3カ月の資格停止 [スポーツニッポン] などによると、元フェアリージャパンのリーダーの三沢樹知選手が7日、日本アンチ・ドーピング機構による昨年11月の全日本選手権の検査で禁止物質に陽性反応が出たということで3ヶ月間の資格停止主文を受けたそうだ。同選手権の個人成績も失効となる。

国内の新体操競技でドーピング違反というのは、これまであまり聞いたことがなかったような気がする。検査が厳しくなったということだろうか?反応のあった禁止物質メチルエフェドリンは風邪薬に含まれているとのこと。アスリートの人達は身近な服用物にどんな物質が含まれているか成分をよく調べ、禁止物質を体内に取り込まないように気をつけよう。

追記 2013-01-11 18:00

日本体操協会公式ブログに関連記事本会登録選手のドーピング違反についてが公開された。

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show