貴重映像!ロス五輪 1984 新体操個人総合決勝の動画

Permanent of Entry #888

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋山エリカ クラブ

1984年に開催されたロサンゼルスオリンピック新体操個人総合決勝の国内放送されたフル映像が公開されている。米ソ冷戦時代の真っ只中に東側諸国がボイコットする中で行われた大会。商業五輪の先駆けともなった。この大会から新体操が五輪競技になった。

この時代の新体操の映像は部分的に見かけることはあっても、なかなかここまでロングなものは珍しいのではないだろうか。強化本部長の山崎浩子卿や東女体大教授の秋山エリカ卿が現役の選手として出場している。

レオタードはラインストーンやスパンコールを使った現代的な装飾は無く、スカートも無し。伴奏音楽はグランドピアノで生演奏。演技自体も高度化が著しい今とはだいぶ違う。この時代が懐かしい人も、斬新に感じる人も、30年前の新体操を観てみよう!

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show